飛躍的な進化

2015年のアメリカ時間9月9日に発表されたのがiPhone6sとiPhone6sPlusです。この時同時にApple TVや iPad Pro、iPad mini4なども発表されたため、大きな話題と共に出迎えられた機種でもあります。予約は日本では同年9月12日、そして発売は日本を含む12に国や地域で9月25日に発売されました。こちらは大手携帯キャリア3社が取り扱ったほか、AppleストアではSIMフリーモデルが発売されています。

この機種の特徴としては処理速度が70%、グラフィック性能が90%も高速化されていることです。また、Siriが常に起動状態に出来るようになったため、いつでもどこでもSiriを使えるようになりました。Touch IDも第二世代へと進化したため指紋認証の精度や速さが向上しています。これらを実現したのがCPUに搭載されたApple A9です。

また、このような高性能なCPUは3D Touchという新たな技術も登場させました。こちらは簡単に言えばディスプレイを触る感度で操作を変化させることが出来るというもので、これにより今までは複数の操作が必要だったものが一回の手順で行うことが出来るようになり、ますますスマートにiPhoneを操ることが可能となったのです。

Copyright © iPhoneの機能はどのようにして進化していったのか?, All rights reserved.