革新と岐路

2013年の9月10日にApple本社にて発表されたのがiPhone5sとiPhone5cです。こちらは同年9月20日に日本を含んだ11地域で発売がスタートされています。今までのiPhoneシリーズの中でも特に異色なものとなっているiPhone5cは、これまでのiPhoneよりも機能を制限した廉価版となっており、低所得者に向けてシェアを拡大しようとしたApple社の戦略が見え隠れするリリースとなっています。

しかし、このiPhone5cの値段も通常のスマートフォンとさほど変わらなかったため、リリース前からクレームが殺到する事態になってしまいます。それに伴って、AppleCEOのティム・クック氏が声明として「低価格の電話を売ることを目標にしたつもりは無い」というコメントを出しました。

iPhone5sはCPUにスマートフォン初となる64ビットCPUを搭載しています。そのため、前作のiPhone5よりも処理速度が最大2倍にまで向上しているという特徴を持っているのです。さらにジャイロセンサーや加速度センサー、電子コンパスなどの処理を切り離すことが出来るモーション処理専用のチップも搭載されているのです。

Copyright © iPhoneの機能はどのようにして進化していったのか?, All rights reserved.