大きな変更点

iPhone5が発売されたのは2012年の9月12日。同年9月21日に世界9カ国で発売がスタートされました。スティーブ・ジョブズ氏の死去を受けてどのような方向に進化をするのか注目されていたiPhone5ですが、ここでも大きな変化をしたということが話題となりました。

まず第一に画面が大きくなったということです。ジョブズ氏はメディアなどで「片手で収まる3.5インチが最上」というメッセージを発信してきたことで知られているので、これには多くのAppleユーザーが衝撃を受けました。ともすれば偉大な創始者への反逆とも取られかねない規格変更ですが、ジョブズ氏が生きていたら、日々変化する市場に対して常に同じような規格をリリースしていたといえないため、これもまた「ジョブズ氏の遺志」だと言えるのかもしれません。

その他にも、外部接続ケーブルがこれまでのDockコネクタからLightningコネクタに変更したことや、3G通信からLTE規格に対応したことなどが挙げられ、細かなバージョンアップが積み重なった機種がiPhone5だと言われています。これまでGoogle製のマップアプリが搭載されていましたが、ここからApple製に切り替わったことでも知られています。

Copyright © iPhoneの機能はどのようにして進化していったのか?, All rights reserved.