iPhoneの進化

これまでは若者だけのものというイメージがあったiPhoneですが、今や「スマートフォンのトップランナー」という印象が世間を席巻しています。しかし、スマートフォン自体に触れ合って間もないユーザーは「定番過ぎてつまらない」と感じる人もいるかもしれません。しかし、iPhoneはこれまで数限りない挑戦を繰り返してきた機種です。

まず、iPhone5で機種の大きさを変更したということが特徴的だといえるでしょう。これは創業者であるiPhoneの開発者である、スティーブ・ジョブズ氏がこだわった3.5インチという聖域に踏み込んだものでした。また、廉価版の発売についても批判の声が上がるなど、いわゆる優等生企業ではないということが分かります。しかし、iPhone6から大画面化を押し広げ、それを活かす技術を惜しげもなく投入するなど、動画コンテンツが主流になっていく時代の波を読む力を兼ね備えているのです。自社で開発したCPUによって今までに無かったような技術を投入し、イヤホンジャックを廃止するという、音楽ファンからの異論の声が出るような仕様変更も行うiPhoneは、スマートフォン界の王様でありながら、最もフロンティアスピリッツに溢れている機種だということが出来るのです。

iPhoneはスティーブ・ジョブズ氏の情熱やイノベーションが詰め込まれたガジェットです。しかし、その遺志を受け継ぎ、それをさらに飛躍させていくという想いが込められた後継機こそがジョブズ氏の忘れ形見だと言えるという声もあります。iPhoneの機種の歴史についての記事を書かせていただきました。是非とも最後までお付き合いください。


◆当サイト関連~お役立ちサイト~
iPhoneは画面サイズも大きく使い勝手が良いと大人気です。その反面、落とした際に画面を割ってしまった経験がある人も多いのではないでしょうか?放っておくとさらに不具合が出ることもあるので、早めに画面修理へ出すことが肝心です > iPhoneの画面修理

Copyright © iPhoneの機能はどのようにして進化していったのか?, All rights reserved.